SEO対策においてページランクが高いほど、検索結果で上位表示されやすいといわれています。

SEOを学んでいこう!

SEO対策:3 ページランク

SEO対策ページランクのご紹介。

ページランクはgoogleの目安です。ページランクとは、「多くの良質なページからリンクされているページは、良質なページである」という原則の下、ページの人気度を計算して、ランク付けをした指標のことをいいます。評価は0〜10段階で表され、数字が大きい程その重要度も高くなります。このページランクは、ページからページへのリンクを指示投票とします。この指示数により、重要度が判断されます。高い重要度のページからのリンクされた他のページは、同じく重要度と判断されます。このページランクは毎月変動してはいますが、一般的に個人サイトは、ランク3〜4となっています。企業サイトなどはランク4〜5が基本的でしょう。 このように、ページランクの高いサイトは、多数のページより指示されていることとなります。つまり、人気のあるサイトと言えるでしょう。 ページランクが高いサイトは、人気のあるサイトということがいえます。ただし、ページランクが高いからといって検索エンジンで上位表示されるとは限りません。基本的には、ページランクが高いだけでなく、サイトの内容が検索キーワードに関連のあるものである必要があります。

SEO対策とページランク

一般的には、ページランクが高いほど、検索結果で上位表示されやすいといわれています。 それには、リンクを他のページからもらう必要があります。そのことを被リンクと言います。この被リンクはページ外要因のSEO対策として、大切です。しかし、やみくもに被リンクしては、スパム行為と見なされる可能性がありますから、被リンクの数だけではなく、質や、貼り方にも注意を払い、行いましょう。

■被リンクの数
被リンクは、ユーザーから評価、指示されていると認識され、評価が高くなります。被リンクの数が多いと、それだけ多くのユーザーから指示されていると見なされ、検索エンジンの評価が上がります。

■被リンクの質
有名サイトからのリンクや、ページランクの高いページからのリンクは、被リンクの質が評価されます。そのような質のいい被リンクの数によって、評価があがります。

■テキストでのリンク
検索エンジンは、ページ内のテキストの分析を行い、評価しています。同じジャンルのテキストであれば、キーワードでリンクを貼ることで、そのテキスト内のキーワードで評価が高くなります。

Last update:2017/9/1

Copyright(c)2008 SEOを学んでいこう!. All rights reserved.